人すなわち小宇宙、部屋もまた小宇宙。
3000着の服と共に生活していた片付けられない元アナウンサー。
モノを減らして全てが変わった!
日々体験するココロとモノの深ーい関係を発信中。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | -
まあるい石、ふたつ。
昨日9月9日は結婚記念日だった
片付けプランナーtamicoです


久しぶりに夫婦で食事に行きました
お気入りのフレンチのお店
メゾン・ラフィット」へ!!



那珂川町の自然いっぱいの中に
洗練された隠れ家的フレンチレストランはあります。
全国的に熱烈なファンがいるそうです。


「燻製した石でございます」
と最初のプレートが運ばれてきました。

「へ???石!???

このサプライズな演出、大好き



コレですコレ!!
味もまた全然予想できない味です



テーブルには、
花ではなく「石」が二つ飾られていました。
まるで「夫婦岩」のよう・・・。



芸術的で夢のような料理が次から次へと登場し・・・


あまりのおいしさに写真を撮り忘れた料理もあります。


そして、デザートも「石」(^O^)


「石」に始まり「石」で終わる。
すごくメッセージ性がある料理で、
なぞなぞを解くような気分です。



メゾンラフィットでは
同じ料理を出さないように、
毎回、その人が食べた料理を記録しているそうです。

予約の時に
前回の来店はいつだったかを聞かれます。


「喜んでもらいたい」


すべての発想はこの一点から来ているのだなぁ
と感じます。



そしてなんと贅沢なことに
貸切にしてくれていたのです!
「プライベートな記念日だとお聞きしていますので・・・」
と、いうこと。

なかなか予約が取れないお店の
金曜日のディナーが貸切!?




そして、帰りは
シェフも見送りしてくれました。
車が見えなくなるまで・・・



いいモノ、いい時間、いいサービス・・・。
学ぶことがたくさんありました。

プロフェッショナル!!



結婚11年に突入したわけですが、
少しずつカドが取れて
まあるい心で
寄り添っていけたらいいと思っています。










 

夫婦の話 | comments(2)
結婚より大きな決断
太陽の光と星明かりと温泉で、充電完了
片付けプランナーtamicoです 


大分と熊本の県境に位置する瀬の本の旅から帰ってきました。



子連れの旅の宿泊は、離れ形式が気楽でいい

広々和室を走り回るnobu.

そして、騒ぎ疲れ、とっとと寝てくれました・・・ラッキー
ワイン飲みまくり、部屋にある温泉&露天風呂&岩盤浴に入りまくりの図

今回、何と言っても最高だったのが・・・
1000000000点満点!満天の星空
気象条件も手伝って、
これまでの最高だったモンゴルやタクラマカン砂漠で見た星空を抜きました!
間違いなく、マイベストな星空

天の川の星、一つ一つが見えるのではないかと思うくらい。
たくさんの星に見守られながら、
久しぶりに夫とゆっくり話をしました。


夜空にはいつだって、たくさんの星が存在しているのに、
普段は街の明かりで見えない。
同じように、日々の生活の中での様々な刺激によって
心がざわついている時には
あたり前の存在に気がつかないものかもしれない。


心を落ち着けて感じてみると
変わらず、そこにある存在・・・

夫婦とはそういうものかもしれないなぁ。


そんな話をしている時に
「ピカーーーーッ!!」
眩しい流れ星が!!
まるで、星たちが
「そうやそうや!!」
と返事をしているようでした。(都合がいい解釈)



実は・・・ここだけの話・・・
もし流れ星を見ることができたら
もう一度、夫とやり直す。
見ることができなかったら
それぞれ別の道を。

密かに、怖ーいかけをしていた私


運命の流れ星よ。
行く道を示してくれてありがとう。

せっかく宇宙の中で出会えた奇跡に感謝し、
夫という宇宙人(笑)と一緒に生きてみることにしました。
この決断は、結婚を決める時より大きな決断でした



今回、友人や先輩、ブログを読んでくださっている方々から
本当にたくさんのご意見やあたたかいお言葉、
体験談などをいただきました。
そんな方々の存在が
またたく星たちと重なって見えました。

暗くなった私の心の中に、
チカチカと優しく瞬いてくれる光がたくさんありました。
そこにいてくれるだけで安心する存在


そして、私も誰かの心の中で
静かにまたたく星の一つになれたら・・・と思いました。



nobu.に読み聞かせをする宇宙人。
夫婦とは、全く違うから、学びがあるのでしょうね・・・。


帰りに湯布院の老舗カフェ「天井桟敷」のスイーツが食べたい!
というわがままを聞いて、遠回りをしてくれるのも、
まあ、忍耐力がある夫だから・・・でしょうね・・・

「モン・ユフ」最高!!ごちそうさまでした。
満足(*^^)v


大分自動車道を走行中・・・
(正しくは、夫運転、私&nobu.爆睡中

なんと、元職場、OAB大分朝日放送の車が隣に!!

同期入社のふっちー運転
「れじゃぐるテレビ」で一緒だった、音声のしろーくん

わーい!!
OABのスタッフは私にとって家族みたいな存在です
会えてうれしかった。一瞬だったけど(笑)


人との出会いや再会って本当に不思議
もし、湯布院に寄り道しなければ、
もし、あとちょっと出発が遅ければ、
再会できていません。


毎日が奇跡。
奇跡に感謝。


・・・ということで、
あれこれありましたが、
ひとまず、夫婦問題は方向性が決まりました。
ブログでぶっちゃけちゃったもんですから、
皆様には本当にご心配をおかけしました。


これに懲りず、
「脱モノメタボ宣言」
ぶっちゃけトークで参ります(^^)v
これに懲りず、
ご愛読いただけると
ぶっちゃけ、幸せです。


また、明晩
















夫婦の話 | comments(6)
キライも好きも心の反応
キライキライも好きのうち
片付けプランナーtamicoです


最近「好き」「キライ」という感情について考えます。
夫婦間でいろいろ、すったもんだあったもんで(笑)



「好き」「キライ」の感情って
どこから生まれるのだろう?


好きもキライも
心が大きく反応していることには間違いない。


心が反応しているという意味においては
「好き」も「キライ」も同じである。


自分の中にある何かが反応している!!



「キライ!!」と思う相手



それは、
本当は自分はしたいけど我慢していることを
普通にやっちゃっている人なのでは???


ちなみに、私は
「すぐ泣く女」
「女を武器にする女」
が大嫌いでした。


でも、本当は自分が泣きたいのを我慢していたのですね。
そして、自分の中の女性性を押さえていたのですね。


人間は、自分は我慢しているのに、
それを我慢せずにやっちゃう人が、
許せないではないでしょうか?



そんな心のからくりに気づいた今、
「キライ!」と思った次の瞬間
自分の心を発見する好奇心に変わっています。

そして「あの人がキライ!」と言っている人が
とても人間らしくてかわいらしく感じます。



「キライ」の感情こそ、
自分の心に気づく鍵


キライの鍵を開けてみると
心の奥底の宝箱に意外な感情が眠っているかも・・・。

それを開放したら
「キライ」が「好き」にかわる!!
・・・かもね



「好き」も「キライ」も感じない
無関心になった時
その時は、夫婦関係
・・・the end デス。




ここで、すんごいご夫婦をご紹介します

風水の師匠・大渓水氏&奥さま

なんと・・・歳の差21歳!!
奥さんの歳を聞いて驚きました。
ときめいている女性は、歳をとらないのですね
いくつになっても「やきもち」を焼かれる
師匠って、どんだけ愛されてるんじゃ〜!!


出会いから今までの話を聞いているだけで
ドキドキしちゃいます。

我が家の夫婦間のゴタゴタなんて
「ハナクソ」って奥さんに言われちゃいました(爆)
確かに・・・このご夫婦はドラマすぎます!!

伝統風水を1年コースで学んでいる仲間。
先生宅で懇親会の図。


人生いろいろ。
みんな、たった一つの、この上なく価値ある存在。














夫婦の話 | comments(2)
補色の宇宙人

外では秋の虫の声・・・
片付けプランナーtamicoです


大好きなフラワー&カラーセラピストの
松井道子さんのブログ
こんなことが書かれていました。


---------------------------

「際立たせる関係性」

色相環でみると黄色と紫は
補色の関係

一番遠い位置関係。

補色の色使いはコントラストをつけるのに一番役立つ関係性です。
お互いを一番際立たせる関係性ですね!

皆さんにもそんな関係性の方がおられますか?

遠い位置関係=遠い考え方・基準の違いを持っている人
花はいろんな事を教えてくれます

--------------------------

ひゃー!
松井道子さん!!
今の私に必要なメッセージだわ〜

夫婦ってこういうものかもしれませんね。

一番遠い位置
はるか何万光年かなたの星から来た
宇宙人ではないかと思うほど(笑)
全然違う、私たち夫婦。




以前、たまたま見つけた蓮。
あまりの美しさに思わず撮りました。

この紫の美しさも
黄色い色があってこそ。


ということは、
夫婦も全く違うからこそ
一緒にいる意味があるのでしょうか?


一番遠い星から
何の因果か
縁あってやってきた
謎の生命体
それが・・・夫です(爆)


松井道子さんのブログ
お花のアレンジが素敵です
その人の心を映し出したフラワーアレンジ

いつか福岡でもセミナー開催してほしいな











夫婦の話 | comments(0)
コクリコ坂は整理収納&掃除の話!?

ごきげんよう
片付けプランナーtamicoです


整理収納の基本は

,い辰燭鸛瓦峠个
⇒廖ι塒廚吠ける
D螳銘屬魴茲瓩襦兵茲蟒个靴笋垢ぜ納システム)



面倒くさそうに感じますが
手順通りにやる方が
最終的にうまくいきます。


モノの整理でこれが習慣化してくると・・・
モノ以外でもこのパターンが使えるようになってくる。


例えば夫婦間でも

,い辰燭鵝長年の蓄積した思いを口に出す
△修了廚ぐ譴聴譴弔鯤析する。要・不要?
I要な思いだけを心に収納



なんでもかんでも収納していると
心だって爆発します
そして、粉々に崩壊する危険性が・・・。



整理収納の効果の一つが
「モノを自覚して持つようになる」
なんとなくそこにある・・・的なモノが激減します。


そして、自分の心の中でも
同じことが起こります。
「なんとなくの関係」
「なんとなく続けている習慣」
に疑問がわいてくるのです。

それって、自分にとって大切なの???



夫婦関係でいうと、
別々の道を進むのも自由
一緒にいるのも自由

大切なのは
そこに意思があるかどうかではないでしょうか?



昨日はゴミ処分場に行った
夫と二人で3年半ぶりに映画に行きました。
「コクリコ坂から」



「この映画、整理収納&掃除するといいことがあるって話だね」
夫が笑って言いました。

確かに
(本当はもっと深いと思います


夫婦の話 | comments(2)
夫が捨ててくれました。

今宵もようこそ
片付けプランナーtamicoです


「夫がモノを捨てないのですが、
どうしたらいいですか?」
セミナーで必ずと言っていいほど出る質問です。


答えがあったら私も知りたいです
だって、ウチの夫も同じだから。

「人のモノより自分のモノから着手しましょう」
まあ、これが私なりの答えです。

実はですね
この答え、
なかなかいけてる
・・・ということがこのたび実証されました。


というのは、
夫に動きがあったからです!!!!!



結婚以来10年間
一度も開けたことがない
夫の段ボール(書類、本、写真入り)多数。
重いし場所を取るし。
にっくき段ボールども
邪魔で邪魔で困っておりました。


ホレ、この通り(涙)
倉庫の中


「人のモノより自分のモノから着手」
という信念のもと、
ひたすら自分の持ち物の「脱モノメタボ」を実践してきました。

「脱モノメタボ」大成功で
心も部屋も身軽になった私
そんな、私の変貌に一番驚いているのは
夫なのであります。


そして、このたび・・・
お盆休みを利用して
この段ボールの中身を見直すと
夫が言いだしたのです


夫は朝からごそごそと一人で
作業していました。
そして、出だゴミは段ボール4個分。
保管書類の8割が処分決定!!
バンザーイ \(^o^)/


気が変わらなううちに
さっさと処分場に持ち込み手続きし、
GO!!


処分場です↓
事前に申込みをした車のみが入れます。



いざ、捨てまーす!!


ものすごーく深ーい穴の中に
ポーイ (/ロ゜)/



ところで
なぜ、捨てる気になったのか!?
聞いてみました。


理由その壱
家の中がスッキリしてきて
自分の持ち物が目立ってきたから


理由その弐
私が「それほど大切にしているのなら
段ボールにいれっぱなしではなく
キチンと保管する方向で考えましょう」
と提案したから。
そして専用ケースを準備しました。

「全部、捨ててしまえ〜!!」と言いたいのを押さえ
・・・私が100歩、
いや100000000000歩譲ったのです。



先日の
「クローゼットにみる夫の心」夫のクローゼットから出てきたモノは・・・
「自分の空間ありますか」夫を邪魔していた私・・・
も、彼の心に届いたようです。



夫いわく
「北風と太陽」らしい


捨てた後
夫の表情が明らかに変わりました。
ものすごくスッキリしたそうです。
よかったよかった。



夫のクローゼット整理に関して
以前片付けカウンセリングにお伺いした
naokoさんからコメントをいただきました。
私より私の言いたいことがまとまっていますので
シェアさせていただきます。


以下、naokoさんより
----------------
tamicoさん、お久しぶりです。
今日のブログ、ぐっときて、涙が出ました。

講座を受けて以来、ブログを読んでます。
いろんなセミナーや講座に参加して、
自分の世界をどんどん広げてパワフルになっていくtamicoさんをブログに見ていました。
でも先日、夫婦の事情を抱えていることを知って、とても驚きました!
そして、
今日のブログ
tamicoさんのご主人への深い愛情と優しさがあふれていて、
胸がつまりました・・・。

我が家の夫も、愚痴一つ言いません。
いつもイライラして、感情の波が大きい私を、
黙って受け止めてくれています。
夫は、物欲もありません。
同じ服や靴を、ずっとずっとボロボロになるまで着ています。
そんな夫を(お金がかからなくていいかも〜)なんて、気軽に考えていた私。
自分は「ストレス解消」やら「自分にご褒美」やら「バーゲン」やらを理由に、
アレコレ買ってはすぐに飽きたりして・・。

ブログを読んで、
なにかすごくすごく大切なことに気づかせてもらったような気がします。
今月末、新居に引越します。
夫のクローゼット、きれいに整えてあげようと思います。

-------------------
naokoさん
ありがとうございます!
新居が
幸せいっぱいの空間になりますように(^o^)丿
ご主人のことを大切に思う
naokoさんに、私も刺激を受けました



夫婦の話 | comments(5)
自分の空間ありますか?
人生激動の時代を過ごしている
片付けプランナーtamicoです


家の中で、
自分だけの空間ってありますか?


片付けをご依頼いただいた方には
「自分だけのスペース」を持っていただくようお話します。
小さな机、お気に入りのクッションを置いて自分の場所にしてみる、
自分ものだけが入ったクローゼット、自分だけの引き出し・・・

どんなに小さなスペースでも構いません。


家の中での自分の空間
それは自分が自分に戻る空間だからです。
ママという枠を外し
妻という枠を外し
そのままの自分に戻る空間・・・。




・・・って、言っていながらですよ・・・

実は
家の中に夫のスペースはありませんでした。

いや、私だって作ろうとしたんですよっ!
でも、夫がいらないっていうもんだから、
「あ、そ。じゃ、いいや」って、
あまり深く考えていませんでした。

いらないといっても強引に作るべきでした。
やっぱり自分のスペースって必要です!!

もし、これが片付け依頼を受けたお宅だったら
即座に「ご主人がくつろげる場所をつくりましょう!!」
というご提案をするでしょう・・・。

あーー、自分のことというのは、
どうしてこうも分からないものなのでしょうか




それでは、
夫の部屋の
遍歴をお見せしましょう!!
夫婦間に亀裂が入る兆しが部屋に現れているような・・・。 
(「クローゼットに見る夫の心」もご参考までに)



2009年11月
・私が以前の家で使っていた家具
・育児用品
・五月人形
・その他行き場のないモノたち



2010年8月
育児用品はオークション、譲るなどして手放しました




そして、きのう
リサイクルショップに
私の家具を引き取ってもらい・・・



こうなりました

実は、夫の持ち物は掛け時計だけだったのです。


(書類を入れている家具も近々処分予定。)


全てを撤去後、ここを夫の快適スペースにします。
本が好きな彼のために本棚&読書用の椅子を考えています。




以前、片付け作業にお伺いしたあるお宅で
こんなことがありました。

「散らかってるんです」とおっしゃるのですが、
ご主人の衣類が入っている引き出しの中は
お店の展示品かと思うくらい丁寧にたたんで完璧に収納されているのです
他の部屋とのギャップに私はとても驚きました
そこにはご主人に対する愛情が溢れていました
苦手な片付けも愛のチカラで完璧にできていたのです

ちなみにこのお宅は
ご夫婦はもちろん親子3代とても仲良しなんです



あーー反省。
私の夫への気持ちって!?
ゴチャゴチャの部屋を見ていただけると分かります。

夫が自分に対して無関心で寂しい・・・
などと言っていた私ですが、
私こそ、夫に対して無関心、
いや無関心どころか、邪魔してたんですね。


部屋には心が現れている・・・でしょ?



自分の失敗談を踏まえて、
声を大にしていいます!
自分だけの空間、コレ必要(>_<)


夫婦の話 | comments(1)
クローゼットに見る夫の心
ついに、夫のクローゼットの片付けを実行した
片付けプランナーtamicoです


2年近くにわたる
「脱モノメタボ」作戦
モノを減らして家を軽くするだけではなく
心が見違えるように軽くなりました!!
モノにくっついていた自分の気持ちに気づき
その思いを手放すことができたからです。


気楽に出来る場所から始まり、
一歩一歩
心の深い部分を見つめることができました。


ついに、ラストの場所!!


そう、そこは
夫のクローゼット


もうすぐ結婚11年目を迎える私たち。
このブログをご愛読いただいている方なら
ご存じの通り、
これまでうやむやにしていた
夫婦間の問題が最近、表面化しました。


これは、お互いの生きる道を
改めて考えるいい機会と思っています。


心は部屋に現れる
ならば、我が家には私たちの心が現れている!!



ご依頼いただいたお客様のクローゼットを整理収納するような気持ちで
夫のクローゼットを見てみました。



夫のクローゼットに入っていたモノ

・夫の洋服
・掃除機
・アイロン台
・子供のチャイルドシートの部品
・絵画など


あー、なんて分かりやすい・・・。


夫のクローゼットに入っていたモノは・・・
我が家で行き場のないモノたち。

彼は本来、究極モノを持たない人です。
結婚当初、彼の荷物は
「小さな旅行カバン一つに入るだけ」でした。

だから彼のクローゼットはいつも空間だらけ。

しかし、10年経ち、
気がついたら
家族のモノでいっぱいいっぱいになっていました。


つまり、彼は我が家のさまざまな事を
無言で受け入れ、
気がついたら
自分自身がいっぱいいっぱいになってしまったのです。


申し訳ない気持ちになりました。
「とりあえず、僕のクローゼットに入れておいていいよ」
という言葉に私は甘えていました


さっそく、彼の持ち物以外はすべて撤去
008.JPG
彼は「絵」が好きで少しコレクションがあります。
いつでも、掛け替えられるように下の段を「絵画」の指定席にして
取り出しやすいようにしました。
(本当は湿気やホコリなどの問題があるので、適切な収納方法ではありません)

朝の出勤準備がスムーズにできるように
収納ケースの引き出し部分だけを横に並べ、ラべリング。
引き出しの枠は処分。



冬物のコート、ベルト、カバン、スーツ・・・
全て、何年も何年も使いこまれ、ボロボロ・・・。

愚痴一つ言わない
彼の気持ちがモノから伝わってきて
とても息苦しくなりました
006.JPG
バーを取り付け
ベルトたちの新しい指定席を作りました。


「黙って耐えること」に価値があると思っていた彼。
そんな彼を「何を考えているのか分からない」と思っていた私。



このクローゼットから感じたことを
夫に伝えたところ、
これまで絶対に弱音を吐かなかった彼が
疲れていたのかもしれないと
ポツリといいました。


そして、自分の空間や時間を
もっと大切にしてみることを約束してくれました。



彼が気持ちを押さえこまないように・・・
思いを口にしてくれますように・・・
彼が自分らしくいられますように・・・


そんな気持ちを込めたクローゼットの整理収納。
思いが伝わったようでうれしかった



部屋にはおもしろいように心が現れている!!
片付けプランナーの仕事を通じて
強く感じていますが、
自分のことってわからないものですね(恥)



自分を満たし、
家族を満たし、
そして初めて
周りの人を満たすことができる



夫婦の問題に真正面から向かい合っているのは
ここを乗り越えなければ
本当にいい仕事はできないと思っているから。



少しずつではありますが、
見えるモノを通して
見えない心が見えつつある気がします・・・。


























 

夫婦の話 | comments(2)
美人鬼教師と5時間ランチ
私の友人はなぜか美人で色っぽい人が多い
片付けプランナーtamicoです


きょうは話していてうっとりする美しい女性
maikoさんとランチ

maikoさんは
元キャビンアテンダントで
現在はキャビンアテンダント受験を目指す人の教師をしています。
彼女の生徒の合格率は全国トップクラス!! 
おっとり美人という印象ですが・・・
一歩、教室に入ると厳しいそうですよ〜
(-_-)/~~~ピシー!ピシー!



そんな彼女が、
私が直面している「人生の選択」について
すごいヒントをくれました。


一か月というタイムリミットを設けて
答えをだそうとしている私に・・・


「多美子さんほどの行動力がある人なら、
旦那さんのことが許せなければ
すぐ行動に移していますよね。
そうしないのは、どうしてですか?」


がーーーん(-"-)

・・・だよね。さすが鬼教師(爆)
ズバッと鋭い所をついてきますね


実はすでに「離婚届け」用紙は
手元にある。


だけど・・・
私は何かを待っているでしょうか?
また何かを期待しているのでしょうか?


何を???



あーーー自分の気持ちって分からないものだ。



maikoさんは、旦那さんと超ラブラブです。
一人でいても
旦那さんの愛情バリアを感じるくらい
大恋愛の末、結婚したそうです。


なんか、うらやましい・・・


彼女の湧き出る美しさは
きっと愛されているという自信なのでしょうね・・・。


あ、そっか
束縛されるのは嫌なクセに
ちょっとは構ってほしい私。
そう、私は面倒くさい女(-。-)y-゜゜゜


maikoさんに一緒に選んでもらった
bon acce のアクセサリー(福岡の作家さんのブランドです)
ランチをした「とねりこ」で販売しています。


maikoさんのように
夫に対して
自分の気持ちを素直に言ってみよう
というスローガンが込めて購入。
つい気持ちが嫌みにすり替わってしまう私
ブレスレットをみて思い出すようにします。


せめて、決断を出すまでの1か月の間は・・・。
正直に気持ちを言える、
かわいい女性になって
悔いのない毎日をすごしてみることにします。




キラキラカフェ「とねりこ」
にてキラキラランチタイム

気がつけば5時間が経っていました!!

maikoさんありがとう





















夫婦の話 | comments(2)
ベランダの秘密
このところ、すっかり皆様にご心配をおかけしています。
片付けプランナーtamicoです。


夫婦間の問題なので
ブログで書くことではないかもしれませんが

もう、ここまで、ぶっちゃけ書いたので
とことんぶっちゃけます(-。-)y-゜゜゜
書くことで、
気持ちの整理にもなりますので・・・
どうぞ、とことんお付き合いください!!

大公開
我が家の赤裸々事情!!
(夫婦間の問題を抱えている方は、何か参考になれば・・・)
(・・・興味がない方は、読み飛ばしてくださいm(__)m)


という程の話ではないかもしれませんが、
全く違う人間が一緒に生活するわけですから
夫婦問題
まあ、各家庭いろいろありますわな(-.-)


ちょうど夏休みということもあって
お盆あけまで
片付け作業依頼が
はいっておらず、
ちょうどヒマだったので、
あれやこれやと考えるのに
ちょうどグッドタイミングぅ(びみょーに古い)


しかし、考えるっていったって、
じーーーっとしているのは苦手。


こういう時こそ・・・
部屋は心のスクリーン


改めて家にあるモノを見直し
そこに投影されている自分の心をみてみることにしました


ここ数年、
モノと自分の心に向き合い、
不要なモノを手放してきた
もう不要なモノなんてない・・・はず・・・よね。


しかし、ありました!
手つかずの場所!!
そこはどこかと言いますと・・・



夫のクローゼット
ベランダ



見て見ぬふりをしていた場所です。
そこにきっと何かヒントがある!



ということで、本日は
ベランダに着手しました。
うちは角部屋なので
ベランダがやたら広い。



排水溝
ぎゃー!!!
詰まりまくりやん(>_<)

●どこから飛んできたのか枯れ葉
●砂ほこり
●虫の死骸

ちりも積もって
ビニール袋いっぱい分ありました


そのうち夫に捨てに行ってもらおうと
思っていた(←依存・・・)
●各種粗大ごみ



山もりでございます(恥)


すべて、速攻ごみ処理施設に持ち込みました。
スッキリ

いつかそのうち・・・
と気になりながら放置していたものって
いざ、とりかかると
簡単だったりする。



ベランダの排水溝の詰まりがなくなって
めっちゃ爽快感!
自分の中のつまりもとれた。


ところで、なぜ私はベランダを放置していたのか!?

それは、面倒くさかったから(爆)
・・・という理由もありますが、


もうひとつ。



実は私は結婚後
「不眠」に悩まされることが多かったんです。
(「脱モノメタボ作戦」を始めてから眠れるようになり、
今は何があっても熟睡できますが

そして、眠れない夜は
一晩中ベランダで空を眺めていました。
何度夜明けをベランダで迎えたことか分かりません。


そして、そんな時
私は
夫が気にしてくれ
様子を見に来てくれるのを
待っていたのですね。
しかし、夫は爆睡。
一度も来てくれたことはありません。
ま、彼も仕事で疲れているのですから
当たり前と言えば当たり前。
で、も・・・本当は甘えん坊の私なのです
(誰!?気持ち悪いって言ったのは!!)


子供のことばかりではなく
だれか私のことも気にしてちょーだい!!
・・・という子供より子供っぽい
私の心の叫びでした(>_<)


人間は相手に「期待」し、
期待通りにならない相手に対し
「寂しさ」「驚き」「裏切られた」などと感じます。
そしてそのあとに「怒り」の感情が出てくると
心理学で学びました。
ほんと、その通り!


怒りの感情の前には
本当は別の感情があるのです。
そこが、正直な自分の声です。


夫への怒りの感情の前に
「寂しさ」があった自分。
でも、夫には「怒り」の私しか伝わっていません、きっと。



不要なモノがなくなって
キレイになったベランダを見て感じたこと・・・



自由だ〜!!
夫への勝手な「期待」から解放されました。
粗大ごみも自分で行けばすぐ済むのに
夫に「依存」していました。



やはり
部屋には心があらわれているなぁ・・・
ベランダに心のヒントがあったとは・・・
正直、盲点でした。




次は
最後の場所
夫のクローゼット
つ・づ・く



























 

夫婦の話 | comments(0)
1/2 >>



CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
NEW ENTRY

PROFILE

CATEGORY

COMMENT

ARCHIVES

LINK

OTHER
qrcode
  • Admin
  • RSS1.0
  • Atom0.3



  • -moon-


    -本棚-





    (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.Photo by Satie Design by Tea
    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...